13066963301

新闻资讯

news
新闻资讯
首页 -新闻资讯 -公司动态 -金航標Kinghelmの会社案内

金航標Kinghelmの会社案内

发布时间:2023-11-17作者来源:金航标浏览:1084


深セン市金航標Kinghelm電子有限公司www.kinghelm.netは国家ハイテク企業であり、「中国衛星測位協会」、「中国情報産業商会」、「広東省連結器協会」の会員である。金航標は無線信号の送受信、電子信号連結器及び相互接続システム製品のデザイン、製造、販売技術サービスに10年以上従事している。技術チームは清華大学と電子科技大学の出身の人の他、優秀な海外留学帰り人材を受け入れ、マイクロ波無線周波数技術分野を丹念に開拓し、大学と共同で研究機関を設立している金航標は複数の発明特許を獲得しており、ISO9001認証とRoHS、REACH認証を取得している。また、IATF16949自動車品質体系認証、UL、TUVなどの認証が申請中である

 

image.png

金航標Kinghelm会社綺麗で立派なロビー

 金航標Kinghelmの本社は中国深セン市に位置し、技術、コスト、管理、効率持続可能な発展を両立させている。東莞塘廈に位置する実験室はすべて電波暗室であり、ネットワークアナライザ、高低温テストキャビネットなどの測定器具が揃っており、高低温、高温高湿バイアスなどのテストを行うことができる同時に、製品の検査、調整とサンプル作りを独立して完成することができる。また、金型、射出成形、機械加工、メッキ、プレス、ワイヤーハーネスの組み立てなどの技術者が持っており、高性能で信頼性の高い製品の研究製造を迅速に完成することができ

image.png

 

 金航標Kinghelm生産基地は広西省鹿寨県に位置し、自動化ラインが幾つあり、全自動的なライン裁断機、端子打つ機、組立機などの設備が揃っており、技術と管理者本部に研修・審査され、作業員日頃訓練を積んおり、大ロットの製品時間通りに質を保証して納品を完成することができる。金航標はデジタル化とプロセス化管理を実施し、研究開発部、サプライチェーン、鹿寨工場、龍華中継倉庫、販売部と顧客との間の情報と製品の同期流通を実現することができる。

image.png

金航標Kinghelm射出成形仕事場の一部分

 

 「金航標Kinghelm、北斗に接続」は、最初は北斗GPSデュアルモードアンテナ、ブルートゥース、WiFi、Zigbee、NB-IoT、LORA、UWB、北斗B3周波数端アンテナのシリーズ及び付属の無線周波数アダプターラインを含む製品を発売しているが、現在はボードとラインの各種連結器、ボードの端の台座、コネクター、信号スイッチのシリーズ及び自動車・バイク用ワイヤーハーネス、工業・医療・科学研究用特殊線材、非標準のカスタマイズする製品などの3つのシリーズに拡大発展している。金航標の兄弟会社である萨科微SLKOR半導体 www.slkoric.com)は製品が世界各地で販売され、1万社以上の顧客にサービスを提供しており、ダイオードとトランジスタ、電源デバイス、電源管理チップの3つのシリーズの製品がある。近年、萨科微SLKORはホールセンサー、ADC、BMSの新製品も発売しており、金航標Kinghelm電子とともに電子完成機製品の会社に付帯サービスを提供している。

 

image.png

 

 Kinghelm」ブランドの「KH」シリーズ製品は、高速鉄道、新エネルギー自動車、個人交通機関、ワイヤレススマート端末、モノのインターネット、スマートシティ、新しいインフラ、スマートホーム、産業装備、インダストリアルインターネット、医療、科学研究、軍需産業、商業宇宙などの分野で応用されている。

 

 金航標Kinghelmは生活を愛して仕事を愛することを提唱し、「金航標Kinghelmバドミントンチーム」を設立し、毎年「故郷フード歳」などの意義あるイベントを組織し、健康的で前向きで楽しい職場環境を作る。

image.png

 

  金航標Kinghelmは「守正、精進、強靭、細部」の企業文化「己の欲せざる所は人に施す勿れ」の公平、開放、協力、ウィンウィンの企業倫理受け継いでいる。宋仕強の指導の下、金航標は新技術の研究と新製品の発売に力を入れ、社会の進歩と発展のために力を尽くす!

 

image.png

日本経済週間:金航標Kinghelmの会社案内


友情链接: 站点地图 Kinghelm 金航标官网 萨科微slkor英文站萨科微slkor网站地图iCEasy元器件商城儿童电话手表网络货运平台蓝牙模块高清视频会议撬装加油SRAM
Node.insertBefore(hm, s); })();